Q.借地を転貸されて転借人がいますが、借地人との借地権が消滅すれば、転借人にも明け渡しを求められますか?①合意解約の場合転借人に借地権消滅を対抗できません。②期間満了で借地人が更新を求めない場合土地は転借人が使用しているので、通常の法定更新の認められる場合、「借地人が土地の使用を継続する場合」には当たりません。しかし、適法な転貸借関係であれば、法定更新の規定が準用されるので、借地契約が更新され、地主が拒絶するには正当事由を示し、遅滞なく異議を唱える必要があることになり、借地契約継続を希望しない借地人には著しく不利益です。そこで、借地人が更新を望んでいる場合にのみ法定更新され、借地人が更新を望まない場合は合意解約と類似してきます。借地権の消滅を転借人に対抗できないと考えられそうです。